事例紹介

 

 

島根県松江市柳原さん

Q.マイホームを考える様になったのはいつ頃、どんなキッカケでしたか?

(夫)昨年の3月頃、たまたま、新聞のスタンプラリー(見学会)の紹介を見て、暇つぶしに見に行こうかと。行ったら、案外、家も良いねという話になって、そこから始まりました。

   

Q.スタンプラリー(見学会)までは、全く考え無かったんですか?

(夫)お互いに長男・長女で、それぞれに実家があったので、将来はどちらかの実家に住むのかなと思って結婚しました。でも松江に住んでみて、将来的な事を考えたら、ここに住んで家を建てても良いかなということになりました。

(妻)こどもの誕生もありましたね。

(夫)子供の小学校・中学校の通学に便利な所という考えもありまして。それでチョット考えようかという話になりました。

 

Q.家を考えた時、他に問題はありましたか?

(夫)周りの理解を得るのに時間は掛かりました。でも今では協力して貰って、松江で住もうかなと思っています。

 

Q.家づくりセミナーに参加しようと思ったのは?

(夫)丁度、見学会に行った後、たまたま新聞を見ていたら、今回の家づくりセミナーの広告があって、それを見ていてテーマもさることながら萬代さんの似顔絵イラストが優しそうな感じだったので、こりゃチョット行ってみようかと言う話になりました。タイミングも凄く良かったです。

その時点では家を作るとは、それ程思っていませんでした。チョット話を聞いてみようかな程度の軽い気持ちで参加しました。家づくりをする人は、どんな失敗をするんだろうか?失敗しない為には?という疑問もあって。それにセミナーは参加無料と書いてありましたし。

(妻)その当時は、絶対に建てようとは思っていませんでした。軽い気持ちでず~っと来ていましたが、少し現実的な話になった時に、将来どうするかを考えたことがキッカケになりました。

 

Q.セミナーの評価・感想を良い点・悪い点含めて教えて下さい。

(夫)凄く分かり易かった。全くの素人ですけど、それでも分かり易くて、ポイントを押さえていて簡潔で、聞いて楽しいセミナーでした。難しいセミナーじゃなくて、もっと聞きたいという様なセミナーだった。次の個別無料相談会も参加させてもらおうという気になりましたね。ストレスは全然なかったです。

 

Q.最後に、これから家づくりをする方へのエール(応援)をお願いします。

(夫)最初に自分達の将来設計をした上で、「返せる金額」を出してから家づくりをした方が良いと思います。私がお邪魔したハウスメーカーでは、収入から見た「借りれる金額」での家づくりでした。無理して住宅ローンを組むと夫婦喧嘩とか、お金が無いとか本当につまらない家づくりになるので、やっぱり夫婦仲良く家族が仲良く安心して暮らせる家づくりをするのが一番だと思います。

不安が解消出来ますよ。

家づくりセミナーセミナー参加申し込み