ココがスゴイ!②住宅予算と将来の生活費を徹底シュミレーション

住宅予算はさまざま、我が家の財布事情を知るとっておきの方法をお話しします。

 

その前に・・ご存知ですか?

人生の3つの大きな資金(教育・住宅・老後)には、それぞれ約3,000万円掛かります。

※教育費は、幼稚園から大学まで1,500万円/人×子ども2人なら3,000万円。

   老後資金は、必要生活費-年金支給額=不足額3,000万円。

   住宅資金の建売平均額は約3,000万円。

一見無関係に見えるこの3つですが、解決するにはとても大事な約束があります。

それは、全て30年の資金繰りで約3,000万円、つまり単独で解決は不可能ですので、同時解決が大原則!

お金の不安解決には、家づくりのタイミングでこの3つを一緒に考え、長期の人生設計から無理なく返せる住宅予算を算出するのがとても大事なポイントです。

 

住宅ローン返済の不安を解決します。

住宅ローンは、借りられるだけではなく、無理せず返済できる金額を知ることがとても大切。

そこで、FP住宅購入相談所では、後悔しない為に、「専用ソフト」を使って今の生活費を見直し、これからの生活費もシュミレーションします。

 

シュミレーションすればこんな事が分かります。

  • 我が家の生活費は他の家庭と比べて〇〇円も改善できる余地がある!
  • 老後の年金は〇〇円、夫が亡くなった後の遺族年金は、〇〇円!
  • 加入している生命保険の無駄はズバリココ!見直すことで年間〇〇万円もお得に!
  • お子様の進路希望なら将来の教育費は年間〇〇円。その対策は〇〇です!
  • あなたの家庭なら住宅ローンは〇〇銀行の〇〇商品をこういう借り方をするのが一番お得!

 

住宅ローンの借り過ぎ、購入後の支払いの苦労などが無い様に、無理のない住宅購入の予算を具体的にご提示します。

住宅ローンで失敗しないために、まずは無料セミナーか個別相談をご利用下さい。