実際に家を建てられたお客様の声

島根県松江市 柳原さま

参加者事例

 

Q.マイホームを考える様になったのはいつ頃、どんなキッカケでしたか?1

(夫)昨年の3月頃、たまたま、新聞のスタンプラリー(見学会)の紹介を見て、暇つぶしに見に行こうかと。行ったら、案外、家も良いねという話になって、そこから始まりました。

 

Q.スタンプラリー(見学会)までは、全く考え無かったんですか?

(夫)お互いに長男・長女で、それぞれに実家があったので、将来はどちらかの実家に住むのかなと思って結婚しました。でも松江に住んでみて、将来的な事を考えたら、ここに住んで家を建てても良いかなということになりました。

(妻)こどもの誕生もありましたね。

(夫)子供の小学校・中学校の通学に便利な所という考えもありまして。それでチョット考えようかという話になりました。

 

Q.家を考えた時、他に問題はありましたか?

(夫)周りの理解を得るのに時間は掛かりました。でも今では協力して貰って、松江で住もうかなと思っています。

 

Q.家づくりセミナーに参加しようと思ったのは?

(夫)丁度、見学会に行った後、たまたま新聞を見ていたら、今回の家づくりセミナーの広告があって、それを見ていてテーマもさることながら萬代さんの似顔絵イラストが優しそうな感じだったので、こりゃチョット行ってみようかと言う話になりました。タイミングも凄く良かったです。

その時点では家を作るとは、それ程思っていませんでした。チョット話を聞いてみようかな程度の軽い気持ちで参加しました。家づくりをする人は、どんな失敗をするんだろうか?失敗しない為には?という疑問もあって。それにセミナーは参加無料と書いてありましたし。

(妻)その当時は、絶対に建てようとは思っていませんでした。軽い気持ちでず~っと来ていましたが、少し現実的な話になった時に、将来どうするかを考えたことがキッカケになりました。

 

Q.セミナーの評価・感想を良い点・悪い点含めて教えて下さい。

(夫)凄く分かり易かった。全くの素人ですけど、それでも分かり易くて、ポイントを押さえていて簡潔で、聞いて楽しいセミナーでした。難しいセミナーじゃなくて、もっと聞きたいという様なセミナーだった。次の個別無料相談会も参加させてもらおうという気になりましたね。ストレスは全然なかったです。

 

Q.その後は?

(夫)セミナーを受けた後、家を作りたいという気持ちはあったんですけど、将来的な事も考えるとモヤモヤしながら気に入る土地もなく時間が経ちました。本気になったキッカケは、今の土地を見た時にパッとここだと思ったことです。土地が決まったのが大きかったです。個人入札では土地は自分で探すのが原則なので、土地に関しては妥協はしないと夫婦で話していましたから、中々気に入るところが有りませんでした。それがココだと言う場所が見つかり、ここなら家を建てたいと思いました。

(妻)夫とは、最初、別々に見に行きましたが、私もここなら良いかなと思いました。

 

Q.個人入札はセミナーで知りましたか?その時の印象は?

(夫)そうです。セミナーで初めて知りました。その時は、こういうやり方もあるんだと。これ面白いねと。ハウスメーカーを1社に選ぶより、複数の会社から色んな提案をして貰えるなら、こっちの方が面白いと凄く興味は湧きました。他の方法と比べてみても、第三者に間に入って貰って、安心して家づくりが出来るなと思いました。住宅ローンに付いても建築に付いても素人なんで、第三者に間に入って貰って安心して進めれるな、安心感のある個人入札制度だなと感じました。

 

Q.最初から工務店を決めた方が良いとは思いませんでしたか?

(夫)セミナーを受けるまでに何回か展示会に行っていましたが、一番の違いは、個人入札は住宅ローンの「返せる金額」というか、ライフプランを見た上での「返せる金額」を考えます。一方、ハウスメーカーでは、収入から見て「借りれる金額」を問題にします。そこの大きな違いが安心の違いです。個人入札の方が安心できるなと思いましたね。今まで年金が幾ら貰えるかなんて計算したことも無かったので、今回、個人入札で老後までライフプランをシュミレーションして貰ったことで安心して住宅ローンが組めるというのが大きな違いですね。

 

Q.個人入札との契約は直ぐでしたか?

(夫)私も妻もマイホームプランよりライフプランに興味がありました。2回目の面談でライフプラン書を貰い、直ぐに契約しました。

(妻)正直なところ、その時の気持ちとして必ず建てようとは思っていませんでしたが、ただライフシュミレーションをして貰えるというのが魅力で、たとえ建てなくても、お金を払ってでもそういうプランを作ってもらうのは良いなと思いました。

(夫)価格に付いては、パンフレットに個人入札制度の契約金15万円と書いてあって、セミナーでは値引きして11万円と言われましたが、でもライフプラン書を見た時に、こんだけやってもらって11万円で、更に家を建てるまでいろいろチェックして貰えて安いよねと話しました。

もし仮に家を建てないことになっても、お金を払ってでもライフプランシュミレーションして貰いたいねという印象はありましたね。金額設定は安いと思います。例えば30万円と言われても僕は安いと思います。一通り全体を見て貰えるなら大きな3,000万円とか4,000万円の内の30万円ですから全然問題は無い金額ですね、私は。

 

Q.カウンセリングを受けてみた感想は?

(夫)正直、私の意見を凄く取り入れて貰っています。自分の要望を伝えて、そういう家づくりをしたいので、要望をガマンすることは私にとっては家づくりにならないので、全部言いたいことは言える、そういう対応して頂いたと思います。変更は失礼かなと思いながらも、言いたいことは言えたカウンセリングであったと思います。

(妻)自分では見えにくいところが色々出てくるので、その辺に安心感があります。個人入札のライフプランとかをしてなかったら、こんなには進んでないだろうなと思います。私は慎重派なので、これは大丈夫なのとストップをかけることもあると思います。そこを第三者のプランナーの方に見て貰ったので安心して進めています。

(夫)このシステムに値引き交渉が存在しないということは、以前、セミナーで聞いていました。私達もライフプランシュミレーションをして、建築費の金額設定をしました。更にそこから上乗せはどれ位できますか?と質問しました。自分の将来のお金の支出を把握した上で、まだどれ位なら余裕を持って出せるかを知った上で家づくりをすることが凄く安心ですね。きっと途中で拘りを追加したりするだろうなって・・・(笑)。

 

Q.来月にはいよいよコンペに入りますが、今のお気持ちは?

(夫)こんなプランもあるのかと言うような提案を期待しています。自分としては、全然発想の違うプランを提案して貰いたいと。それが個人入札の醍醐味であると思います。工務店にはそんなに沢山行っていませんが、提案を出して貰いたいところは有ります。

(妻)良い意味でドキドキしています。

 

Q.最後に、これから家づくりをする方へのエール(応援)をお願いします。

(夫)最初に自分達の将来設計をした上で、「返せる金額」を出してから家づくりをした方が良いと思います。私がお邪魔したハウスメーカーでは、収入から見た「借りれる金額」での家づくりでした。無理して住宅ローンを組むと夫婦喧嘩とか、お金が無いとか本当につまらない家づくりになるので、やっぱり夫婦仲良く家族が仲良く安心して暮らせる家づくりをするのが一番だと思います。

(妻)そうですね。憧れが現実になる作業かなと思うんですけど、それをお手伝いして頂けるので信頼できるパートナーとして考えてみられたらどうでしょうか?

(夫)是非、お勧めする個人入札です。不安が解消出来ますよ。